カナガンキャットフードがこだわっている「グレインフリー」について

グレインフリーとはトウモロコシ、大麦、小麦、大豆、米などの穀物を使用していない穀物不使用のフードの事を言います。

人間に飼われる前の野生の猫は、ネズミ、小鳥、モグラなどの小動物を捕獲し食して生活していました。

その食生活の中に穀物を食することはないため猫の歯は穀物をすり潰すことが出来ず、消化酵素のアミラーゼが唾液の中になく、

消化管の長さも短いため摂りいれた栄養素を十分に消化吸収することができません。

rapture_20161101195956

ですから、猫に穀物を使用しているキャットフードを与えると消化器官の異常、皮膚のトラブル、アレルギー、糖尿病、

肥満になるリスクが高まる可能性があるので、

このようなリスクを避ける事と猫の健康の事を考えると

グレインフリーのキャットフードが良いのです。

 

カナガンキャットフードはグレインフリーというだけでなくそのほかの原材料にも猫の健康を考え厳選された物を使用しています。

例えば、穀物の代わりの炭水化物としてサツマイモを使用しています。

 

サツマイモは時間をかけてゆっくりと吸収されるので血糖が一定に保たれ、空腹を感じにくくなるので食欲を抑えられ肥満になりにくくし、抗酸化作用も優れています。

 

サツマイモは他の穀物に比べて高価なのですが消化が良いので消化器官の負担を軽くするため使用しています。

また、良質なたんぱく質はチキンを使用しています。

rapture_20161101195835

このチキンは地面で飼育され十分な運動をしているストレスの無い平飼いされたもので人間が食べる事の出来る高品質で新鮮なものです。

 

チキンにはタンパク質はもちろん、ビタミン、リンを含み、免疫力を保つセレンを多く含んでいます。

このチキンを消化に良いようにミンチにして蒸し焼きにし、乾燥チキンを使い高タンパク質になるよう配合されています。

 

口当たりを良くし毛並みや皮膚のために鶏油を使い、チキンの内臓を加水分解して作られたグレイビーをつかい猫の好む香料としています。

このように安全なチキンで動物タンパク質を、消化の良い炭水化物にサツマイモを、

グレイビーを使った香料で添加物不使用などとここまでこだわるカナガンキャットフードは猫の健康を第一に考えたキャットフードと言えるでしょう。