悪評などもチェックしてカナガンキャットフードを使っています

我が家では猫を飼育しています。

初めて猫を飼育しているので、まだまだ慣れない事ばかりです。

しかし、ペットを飼う個という事は非常に癒しになります。

また、ペットと言うよりもまるで家族のような存在です。

 

そんな家族のような猫なので、いつまでも健康で長生きしてほしいと願うばかりです。

rapture_20161101195938

そこで、健やかな毎日の為に食事の管理を徹底するように心がけています。

なぜなら、ペットは言葉を話すことが出来ません。

 

その為、健康管理に繋がる食事を気を付ける事は飼い主の責任だと思います。

現在、様々なキャットフードがメーカーから発売されていて、特徴や機能性など幅広いです。

 

一体どれを与えればよいのか解らなくなってしまう程溢れているキャットフードですが、なるべく機能性が高い物を選んでいます。

基本的にドライフードを食べさせていましたが、最近はあまり好んで食べなくなってしまいました。

 

健康の為にも食べてほしいと思っていたところ、悪評なども少ないカナガンキャットフードに出会います。

こちらのフードの特徴は何よりもペット大国とも呼ばれているイギリス直輸入という事です。

 

素材もこだわり抜かれた物のみを使用していて、穀物が苦手な猫に対応したグレインフリーとなっています。

rapture_20161101195835

もちろん、人工添加物も使っていません。

猫が本来必要としている栄養素をしっかりと考えて作られているので、我が家も安心して食べさせることが出来ています。

 

今まではドライフードの食いつきが悪く困っていましたが、

こちらは栄養成分だけではなく、美味しさにもこだわっているためしっかりと食べてくれます。

 

また、品質管理も徹底していてペットフードを専門的に作っている工場で作られているのも安心です。

購入して気づきましたが、パッケージに製造番号と共に12か月の追跡システムがあるのは驚きました。

 

1袋ごとに製造番号が付けられているので、

出荷後の品質も管理されている証拠があるのは大切な愛猫の事を考えてくれているキャットフードだと感じています。

 

悪評が見当たらないカナガンキャットフードにしました

長年、ずっと犬と暮らしてきましたが、ひょんなことから猫を飼うことになりました。

犬と暮らしてきたおかげで、ペットの健康を大きく左右するのがフードだということは理解していたので、どのキャットフードがよいのかあれこれ調べていたところ、

カナガンキャットフードに行き当たりました。

 

ペットフードの多くはアメリカやフランスなどから輸入されており、

日本よりもペットフードに規制の厳しい海外のフードはおおむね高評価を得ているものが多いのが特徴です。

 

そのため、イギリスで最高級と称されるカナガンキャットフードに対しては、非常に興味がありました。

最高級と言われる所以は、徹底したグレインフリー、つまり穀物を使わないところにあります。

rapture_20161101195944

穀物は猫にとっても犬にとってもアレルギーの原因となることが多いものの、ペットフードを作るにあたっては原材料費を安価に抑えることができるため、

多くのフードで使われています。

 

毎日食べる食事が原因でアレルギーを起こしたり、

病気になっていると知ったときは、毎日のごはんを楽しみにしているであろう愛するペットに申し訳ない気持ちになりました。

 

犬のときもそうでしたが、今回、初めて猫を飼うことになって、よりいっそうフードには気を付けたいという気持ちがひしひしと沸き起こっていました。

rapture_20161101195835

 

インターネットでいろいろ調べましたが、

悪評が見当たらないカナガンキャットフードに、これだという直感的な感触も相まってさっそく申し込みました。

 

大量生産はせず、少量ずつこまめに生産されたというこのキャットフードは、開けたときに確かに新鮮な感じがすると思いました。

 

これまで猫を飼っていなかったので、初めて買ったキャットフードに新鮮さを感じるのは不思議でしたが、たくさんのドッグフードには接してきたので、

それが判断基準になったのだと思います。

 

愛猫ははじめのうちこそそろそろと食べていましたが、高品質の材料で作られていることがわかったのでしょうか、今では出したらすぐに食べ始め、完食しています。

 

カナガンキャットフードは「低アレルギー」フード?

最近は人間だけではなく、ペットもアレルギーの症状で悩むことが増えています。

猫の場合も花粉症のような症状が出たり、皮膚に症状が出る、お腹がゆるくなるなど様々な症状が出てきますが、

時にはアナフィラキシーショックを引き起こす可能性もありますので、

健康管理はしっかり行ってあげたいところです。

rapture_20161101195956

ペットのアレルギーを防ぐためにはできるだけアレルギーの原因となっているものを取り除くことが大切ですから、

ノミやダニへの対策はしっかりと行ってあげること、そして食べ物もアレルギーを引き起こしやすいので、フード選びは慎重に行ってあげましょう。

 

ペットに何等かの不調がある場合は、実は今食べているフードが原因している可能性もありますので、見直してみることもおすすめです。

最近はペットのアレルギーが増えていることもあり、

より低アレルギーのフードも登場していますので、そうしたフードも試してみてはいかがでしょうか。

 

アレルギー対策のフードをお探しならカナガンキャットフードがお勧めです。

rapture_20161101195835

 

こちらのフードはイギリスでも最高級のグレインフリーキャットフードとなっており、

獣医師からも高い評価を得ています。

 

とうもろこし、小麦などの穀物は猫のアレルギーの大きな原因となりますが、こちらのフードはそうした穀類は一切使っておらず、

良質なたんぱく質がたっぷりと含まれました。

rapture_20161101195847

 

穀類を摂りすぎることはアレルギーの原因となるだけではなく血糖値があがりやすく、肥満や糖尿の原因ともなりますが、

カナガンキャットフードならそうした病気の予防にも役立ってくれます。

 

猫は本来は肉食の動物ですので、不必要なものは与えず、

本当に体に良いものだけを与えてあげたいところです。

使われている材料はイギリス最高級の平飼いチキン、乾燥全卵、サーモンオイル、抗酸化作用が高く、

血糖値を一定に保つのに役立つサツマイモなど厳選されたもので、このほかでは野菜、ハーブ、海藻なども使われています。

 

カナガンキャットフードの与え方

イギリスに拠点を置くペットフード会社のカナガンでは、大量生産を行わず、少量ずつ生産しています。

その理由は、大量に生産するとどうしても品質の劣化が起こりやすくなり、新鮮なフードを届けることができないからです。

少量ずつ作ることでコストは間違いなく多くかかりますが、それでもカナガンは品質のよい新鮮なフードを愛犬家、

愛猫家に届けることを信念としています。

rapture_20161101195835

 

犬と比べると自由気ままに過ごしているイメージが強い猫は、毎日犬のように決まった時間に散歩に行くということがありません。

散歩の後はごはんという流れができにくいこともあって、

猫にはいつでも食べられるようにと、フードボウルにフードを入れて置いてやっているという飼い主もいるでしょう。

 

食べ物は空気に触れると酸化しますので、置いたままにしているとどんどん品質が悪くなっていきます。

カナガンは品質のよさに対しては、これでもかというほどの意気込みで研究してフードを作っていますので、それを置いたままにして与えるのは失礼と言えるでしょう。

 

少しでも新鮮な状態で届けようと少量ずつ作ってくれた貴重なフードですから、与え方にも気を配りたいところです。

rapture_20161101195944

自由気ままな猫とはいえ、決まった時間に清潔なフードボウルに入れて出し、食べないようならすぐ引き上げてしまい、その日は与えないようにするといいでしょう。

 

食べないとおなかが空いたままで過ごさなければならないということを、賢い猫はすぐに学習しますから、数日も続けば出した瞬間に食べ始めると思われます。

 

品質にこだわって作られたカナガンキャットフードだからこそ、与えるたびに品質が劣化していかないように気を付けるのが、飼い主の役目です。

 

必要な分だけ小出しできるようにフードストッカーなどに入れておき、あとは袋をしっかりと密閉して涼しいところで保管します。

 

開封するとどうしても空気に触れて劣化が始まってしまいますので、開けたら早めに食べきれるよう、毎日食べる物はこれだけと決めてしまうのもいいでしょう。

 

カナガンキャットフードが獣医師におすすめされている理由は?

キャットフードは現在は実に多くの種類が販売されていますが、ただ猫が喜んで食べるから、安く購入できるからと安易に選んでしまっている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

キャットフードは保存もききますし、手軽に栄養バランスの優れた食事を与えてあげられるので、とても便利な存在ですが、商品ごとに品質はかなり差がありますので、じっくり比較して選んでいくことが大切です。

 

特に獣医師からもおすすめされているキャットフードは栄養バランスも安全性にも優れており、安心して選べると言えます。

rapture_20161101195915

獣医師から推薦されているキャットフードのひとつにカナガンキャットフードがあり、こちらはイギリスで高い評価を得ている高品質なフードです。

 

なぜ、このフードがペットの専門家である獣医師から評価を受けているのかも知っておきたいですが、まずは穀類が不使用で作られているということもあげられます。

 

もともと猫は肉食なので穀類は必要としておらず、穀類を摂取すると消化器官に異常を起こしたり、アレルギーを引き起こすともされていますが、

こちらのフードは穀物完全不使用で作られており良質なチキン、さつまいもなど厳選された材料が使用されており安心して与えられるものとなっています。

rapture_20161101195938

さらに製造についても、栄養が失われない独自の加熱処理製法が採用されており製造ラインは常にモニターで監視されていますので異常が起きてもすぐに知ることができるなど安全性も高いものです。

 

品質テストも製造前、製造後と2回にわたって行われていますしすべてのパッケージには製造番号がつけられ、

12か月の追跡システムも行われているなど品質管理も徹底しています。

 

このほかで獣医師から選ばれる理由としては、

良質なたんぱく質が高配合されていること、全猫種、すべてのライフステージに対応していることなどもあげられます。

 

キャットフード選びでお悩みのあるかた、今使っているフードに不安を感じるという場合はこうした高品質なフードを試してみてはいかがでしょうか。

カナガンキャットフードがこだわっている「グレインフリー」について

グレインフリーとはトウモロコシ、大麦、小麦、大豆、米などの穀物を使用していない穀物不使用のフードの事を言います。

人間に飼われる前の野生の猫は、ネズミ、小鳥、モグラなどの小動物を捕獲し食して生活していました。

その食生活の中に穀物を食することはないため猫の歯は穀物をすり潰すことが出来ず、消化酵素のアミラーゼが唾液の中になく、

消化管の長さも短いため摂りいれた栄養素を十分に消化吸収することができません。

rapture_20161101195956

ですから、猫に穀物を使用しているキャットフードを与えると消化器官の異常、皮膚のトラブル、アレルギー、糖尿病、

肥満になるリスクが高まる可能性があるので、

このようなリスクを避ける事と猫の健康の事を考えると

グレインフリーのキャットフードが良いのです。

 

カナガンキャットフードはグレインフリーというだけでなくそのほかの原材料にも猫の健康を考え厳選された物を使用しています。

例えば、穀物の代わりの炭水化物としてサツマイモを使用しています。

 

サツマイモは時間をかけてゆっくりと吸収されるので血糖が一定に保たれ、空腹を感じにくくなるので食欲を抑えられ肥満になりにくくし、抗酸化作用も優れています。

 

サツマイモは他の穀物に比べて高価なのですが消化が良いので消化器官の負担を軽くするため使用しています。

また、良質なたんぱく質はチキンを使用しています。

rapture_20161101195835

このチキンは地面で飼育され十分な運動をしているストレスの無い平飼いされたもので人間が食べる事の出来る高品質で新鮮なものです。

 

チキンにはタンパク質はもちろん、ビタミン、リンを含み、免疫力を保つセレンを多く含んでいます。

このチキンを消化に良いようにミンチにして蒸し焼きにし、乾燥チキンを使い高タンパク質になるよう配合されています。

 

口当たりを良くし毛並みや皮膚のために鶏油を使い、チキンの内臓を加水分解して作られたグレイビーをつかい猫の好む香料としています。

このように安全なチキンで動物タンパク質を、消化の良い炭水化物にサツマイモを、

グレイビーを使った香料で添加物不使用などとここまでこだわるカナガンキャットフードは猫の健康を第一に考えたキャットフードと言えるでしょう。

 

悪評が少なく猫の健康に配慮したカナガンキャットフード

保護した猫を飼うことになりました。

猫を飼うのは初めてだったので猫を飼っている友達相談しました。

友達は猫にスーパーマーケットやコンビニで売っているよく目にするキャットフードを与えていたら調子が悪くになり動物病院に連れて行ったそうです。

 

その時獣医さんから与えているキャットフードの種類を聞かれ話をしたら、もう少し栄養成分を考えたキャットフードを与えるようにと言われたそうです。

rapture_20161101195944

 

キャットフードの栄養成分が猫の健康に配慮されていないと与えているキャットフードの種類によっては病気にかかりやすくなるそうで、驚いていました。

猫の生態や食生活の事は全く分からないので少し調べてみました。

 

猫は人間に飼われる前は小動物、例えば小鳥、ネズミ、モグラ、トカゲなどを狩猟していた肉食動物です。

 

穀物の消化吸収に適していない猫は穀物を含むキャットフードを食べ続けると消化器官の負担、

血糖値の上昇しやすくなり肥満や糖尿病などの病気にかかりやすくなるそうです。

 

rapture_20161101195835

 

昔はよく御飯に鰹節をまぶした物を与えていた記憶があり、穀物が猫の消化吸収に適していないなんて驚きです。

そこで猫にとって悪評がなく、穀物不使用で健康を考えた良いキャットフードを口コミなどで調べてみました。

 

穀物不使用という事で一番評判が良かったのはカナガンキャットフードでした。

カナガンキャットフードは穀物不使用で穀物原料の代わりにサツマイモを炭水化物源として配合されています。

 

サツマイモは消化が良く抗酸化作用に優れ血糖も一定に保ちます。

70%が良質な動物性タンパク質で人間が食べる事が出来る原材料が使われています。

rapture_20161101195915

また、猫下部尿道疾患が心配されるマグネシウムの量は0.09%で安心の数値です。

 

そして、安心の自社工場生産、添加物不使用で永く毎日食べ続ける事を考えると重要な事です。

 

しかし、それだけ原材料にこだわっているので確かに値段は高めです。

けれど健康で長生きしてほしいのでここは頑張って購入するか悩んでいました。

 

友人は病気で動物病院に何度も通院すると治療費が高額になるのでその事を考えれば、猫にも辛い思いをさせずに済むし金額的にも安くなると言います。

 

私もそうだと思い購入することに決めました。

健康に配慮されたものはあまり味が良くないかと心配しましたが、評判通り美味しいらしくガツガツ食べてくれます。

 

人間と同じで毎日の食生活が大切なのでこれからも愛猫の為にカナガンキャットフードを与えようと思います。

↓下記のサイトも参考になりました

カナガンキャットフード

 

カナガンキャットフードを利用するメリットは?

愛猫の為に健康に良いキャットフードを食べさせてあげたいと思う飼い主さんはたくさんいるでしょう。

そして、どのようなキャットフードが愛猫の健康のために良いのか獣医さんや猫を飼っている人に聞いたり、口コミでどのようなキャットフードが良いのか調べたりします。

そうする過程で出てくる言葉が穀物不使用というグレインフリーというものです。

rapture_20161101195847

猫は完全な肉食動物で人に飼われる前は小動物を狩猟して動物性たんぱく質から栄養を得ていました。

このようにもともと動物性たんぱく質だけを食して生活していたのでトウモロコシ、大麦、小麦などの穀物を消化吸収することができず、穀物が配合されているキャットフードを食べると消化器官の異常や皮膚炎、アレルギーの症状が現れるリスクが出てくるのです。

 

カナガンキャットフードは穀物不使用のグレインフリーというのは愛猫が病気のリスクを減らすことにつながるというメリットがあります。

 

グレインフリーと言うだけでなく原材料は人間が食べることのできる高品質で新鮮な物を使用し、特にタンパク質であるチキンは地面で飼育しストレスのない平飼いチキンを使用しています。

 

ビタミン類は野菜や果物から、ミネラル類は海藻から、炭水化物源はサツマイモを使い、保存料、着色料、香料などの添加物も使用していない無添加で、自社工場で生産されている安全性も愛猫にとっては大きなメリットです。

rapture_20161101195835

 

このように良質なたんぱく質が70%、サツマイモを使った炭水化物などを30%というのは猫にとっては最も理想な配合比率です。

 

また猫下部尿路疾患が心配されるマグネシウムの量も0.09%なのでマグネシウムの摂りすぎの心配がありません。

このように愛猫の健康を考えたらこれほどメリットの多いキャットフードはありません。

また飼い主にとって価格は気になるところです。

 

確かにスーパーマーケットやホームセンターに売られているキャットフードの値段を考えると高価ですが、グレインフリー仕様のキャットフードの中では価格は低いほうで、栄養のバランス、原材料の安全性は優れている事を考えれば決して高くはありません。

 

また、定期コースで購入すればさらに価格は低くなりますし、愛猫の食べ具合で休止・再開が出来るのも大きなメリットです。

 

愛猫が永く健康な毎日を送るためにも是非試してみたいキャットフードだといえます。

カナガンキャットフードの悪評がなく安心して購入できました

私の家には14歳になる猫がいます。

母親と父親がとても猫が大好きで、私が18歳の時に知人から産まれたばかりの子猫を譲っていただきました。

14歳になる我が家の猫ですが、歳を感じさせずとても元気です。

子猫の頃と同じように今でも元気で、よく庭で走ったり飛び跳ねたり木に登ったりして遊んでいます。

rapture_20161101195835

 

そんな我が家の猫ですが、ペットではなく家族の一員だと思っています。

母親も父親もそう思っているでしょう。

なのでいつまでも元気でいて欲しいものです。

未だに元気でいられるのは、母親と父親のキャットフードの選び方がとてもいいからなのかもしれません。

母親は猫を飼い始めるときに、本などを読み、色々と勉強をしていました。

 

たぶん、猫に与えるご飯はどのようなものが健康に良いのか、どのようにしたら長生きできるのかなどを勉強していたのだと思います。

rapture_20161101195956

少し前からなのですが、キャットフードを変えて、新しいキャットフードにしました。

定期的にキャットフードを変えて猫に与えているのですが、今回はインターネットで色々と調べて購入しました。

 

私がパソコンを持っているので、母親に頼まれキャットフードの口コミや詳細などを調べていたのですが、カナガンキャットフードがとても評判がよく悪評がなかったので購入してみました。

 

すると我が家の猫がものすごい勢いでカナガンキャットフードを食べてしまい、とても驚きました。

今まで見たことないくらい勢いよく食べていて、よほど気に入ったんだなと思いました。

猫は人間などに比べタンパク質の要求量が高いらしく、タンパク質の含有量がとても重要らしいのです。

 

カナガンキャットフードはタンパク質を豊富に含んでいるので、猫に美味しいと思われたのだと思います。

またタンパク質を多く含むので、成長期の子猫や、高齢の猫にまで最適なのです。

このキャットフードは猫にとって最適な栄養を摂取することができるので、これからも我が家の猫にはカナガンキャットフードを与えていきたいです。